≪ワキ毛処理≫毛抜きで抜く方法

ワキ毛処理に、毛抜きを使う方、少なくないでしょう。

 

毛抜きで1本1本毛を抜くのは大変ですが、抜いた後はカミソリを使った場合よりもきれいになるので、わきの下を見ると満足感があります。

 

また、毛抜き1つでできますし、カミソリのように刃が傷む心配もいりませんし、買い直す必要もないので、ランニングコストが安く済む点も魅力です。

 

さらに、抜いた後はしばらく毛が生えてこないので、安心して数日間を過ごすことができます。

 

毛抜きで毛を抜くときの難点としては、抜く瞬間に痛みを伴うことでしょう。

 

毛が短い場合は、誤って皮膚をつまんでしまうこともあります。

 

また、毛抜きでワキ毛の脱毛を続けていると、黒ズミができてしまったり毛穴が盛り上がって鳥肌が立ったようになってしまいます。

 

毛穴の途中でムダ毛が切れてしまうと、皮膚の下で毛が伸びる埋没網になって皮膚科のお世話になる必要が出てきます。

 

あるいは、毛穴で細菌感染を起こして炎症を起こしたり汗が分解されて腋臭のようになってしまう場合もあります。

 

ムダ毛処理を毛抜きで行うのはお手軽で気持ちの良いものですが、肌トラブルはつきものですので、あまりおススメはできないワキ毛処理法です。