≪ワキ毛処理≫脱毛テープを使う

ワキ毛を処理する方法には、脱毛テープを使用する方法もあります。

 

脱毛テープとは、粘着力の強いテープで、ある程度の長さのある毛をテープに貼り付け、そのテープを一気に剥がすことでワキ毛を抜くという方法です。

 

粘着力のあるテープを貼るのですから、剥がす時にはかなりの痛みを伴います。

 

脱毛テープでワキ毛処理を行う方法は誰にでも合うというものではありませんが、痛みに強い方なら試す価値はあるかと思います。

 

また、ワキの下に隙間ができないようにテープを貼るのは、結構大変ですし、汗などかいているとせっかくの粘着力が生きないこともあります。

 

脱毛テープをきれいに貼って、かつ一気に剥がしてくれる人が近くにいる場合なら、良い方法かもしれません。

 

また、ワキ毛が剛毛の場合はうまく抜けないこともあります。

 

粘着力の強いテープは、剥がした跡が赤くなることもしばしばです。

 

きちんと抜くことができず、毛が毛穴の途中で切れてしまい埋没毛になる場合もあります。

 

毛抜きで抜いた場合と同様に、抜いたあとがボツボツになって鳥肌が立った時のようになることもあります。

 

脱毛テープでムダ毛を処理すると、一気にごっそりと抜ける感じに快感を覚える人もいますし、処理した後はしばらくムダ毛が生えてこないことが魅力という人もいます。

 

ただ、ある程度毛の長さが必要で、ムダ毛が気になることで常にわきの下がきれいになっている人では、脱毛テープの使用はあまり効果がないようです。