医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛は、1997年に日本に導入された脱毛方法です。
日本では、まだ電気脱毛法が主流だったころのことです。
よって、日本では、医療レーザー脱毛の歴史はまだまだ浅いものとしてとらえられているようですね。
その医療レーザー脱毛について、ここで少し説明したいと思います。
医療レーザー脱毛は、高い安全性と脱毛スピードの速さが特徴です。
厚生労働省によって認可された、医療専門の高出力の脱毛機器なので、とても安全だと言われています。
脱毛サロンで使われている脱毛機器は、やけどなどを起こすリスクを伴いますが、医療レーザーの場合にはやけどや感染症のリスクは低いようです。
また、脱毛サロンでは、ほとんど無資格のスタッフによる脱毛施術が行われている場合もあります。
医療機関であればきちんと資格を持った看護師による施術を受けることができるので、その点では安心です。
脱毛施術を受ける期間も、脱毛サロンでの光脱毛の場合、光の出力が弱いために脱毛効果が出てくるまで時間がかかり、長期間サロンに通わなくてはなりません。
しかし、医療レーザー脱毛なら、短時間での施術で済んでしまいます。
両わきの場合なら、およそ5〜7分程度で脱毛が完了してしまうのです。
脱毛エステサロンでの脱毛は、半年以上の期間をかけて脱毛を行い、サロンによっては予約が取りにくいなどで保証期間が過ぎてしまったというケースはよくあるようですね。
また、光脱毛によって、脱毛後の肌トラブルが起こってしまったという深刻なケースも見受けられます。
医療機関での脱毛なのでトラブルが起きにくく安全で、なおかつ短時間で脱毛できる医療レーザー脱毛はおすすめの脱毛法と言えるでしょう。